読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーマーたけのブログ

脱サラした男タケの農業人生を綴ります。

脱サラして農業人になった理由

こんにちは!タケです。

 
 
32歳男性、農業やってます。家族は嫁と2歳の息子がいます。
 
 
2年前、大学を卒業して新卒から勤めた会社を辞めました。
なぜ、会社を辞めたかったのか、厳密なことは自分でも分かりません。
 
 
新人の頃はそれなり仕事が楽しくて、やりがいもあって、張り切ってたのに、
いつの間にか、精神が疲弊してきて・・・心が風邪をひきかけになってた・・・
 
 
それに気が付いた嫁が、旅に行こう!って言ってくれて、何となく行ったことの
ない四国に行ってみました・・・


JRで四国一周の旅・・・
気に入った町で3日ほど滞在したら、またJRに乗って・・・ていう気ままな旅を
していたら、知らない間に元気になってた。
 

山や海や渓谷がすぐ近くにあって、食べ物がめちゃ美味しい、小さな町に
嫁も俺もすぐ気に入って、1週間以上滞在してみた。


そして、本気でその町に住むことを真剣に考えるようになり・・・
長期休みごとに何度か行くようになり・・・
自然と町の人とも仲良しになり・・・


そうこうしている間に、役場の人から声がかかり、移住促進事業の一環として、
住宅と小さな土地をあり得ないくらいの安い値段で貸すから、町のために
頑張ってほしいと言われ、脱サラして移住してきたという訳です。
 
 
今のところ、まだまだ農業で生計を立てられるほど、まともな野菜は
作れないけれど、町おこし協力隊の職員の仕事も与えられて、役場から
給料もらいながら農業しています。


休みになったら、魚釣りしたり、バーベキューしたり、仲間とスポーツしたり、
毎日がすごく楽しいです。


収入は激減したけど、生活にあまりお金がかからないから、今の方が余裕が
あるのが不思議です。
 
 
嫁も俺も都会育ちだけど、求めていたものはこれだったのかと、すごく満足
しています。


まだまだ未熟な俺だけど、必ず農業で自立したいって思っています。